創作世界①

ここは、ヒトと「獣の耳と尻尾をもつケモノ」の世界。
ケモノたちはヒトのペットだったり労働力だったりしている。
様々な動物のケモノが生息するが、どんな動物でも真っ白の毛並のものを『トゥルーホワイト』と称し、
ペットとしてはかなりの高値で売買されたり、または信仰の対象とされる。
ケモノたちは闇市場やペットショップ、または野生化したものたちと様々。



■キャラクター■

●バルト
come.jpg
・狼(青色、♂)
・人間換算で成人
・そこそこ珍しい青い毛並を持つ。
 性格は割と穏やかというか無気力というか、普段は無表情。
 同族への信頼感が強い種族のため、イオとは仲が良い。
 イーリスは苦手ではあるが仲間であると認めている。
 飼い主はレイズ。怪我をして動けなくなっていたところを助けられ「飼われる」ことに。
 「飼われる」ことに多少の反発心は抱いているが基本的に恩を忘れないので従順。



●レイズ
come.jpg
・ヒト(♂)
・成人
・なにやら裏社会的なニオイのするニンゲン。
 仕事中にバルトを発見し保護、その後ペットとする。



●パシオン
16nekonohi.jpg

・猫(耳尻尾の先端が灰色♂)
・人間換算未成年
・わがままな性格。ペットショップ出身で、生後すぐはトゥルーホワイトと判別され高値で売買された。
 成長につれ耳と尻尾の先端がグレーがかり、捨てられたとこををユウトに保護される。
 基本的に外で遊んでいることが多い。
 バルトのことをからかうのが楽しいらしくよくちょっかいを出しに行く。



●ユウト
come.jpg
・???(♂)
・ケモノ専門医師。パシオンの飼い主。基本的に放任主義。
 頭部を包帯で巻いているのには理由があるらしいが・・・?



●イオ
come.jpg
・狼(アイスグレー♀)
・人間換算成人
・飼い主のいない野生のケモノ。
 かっこよくて頼れる飼い主を探している。たまにかまってくれるレイズが大好き。
 バルトとは同族としての友情で結ばれている。
 自由奔放な性格。



●イーリス
irisBL.jpg
・狼(トゥルーホワイト♂)
・人間換算成人
・大変貴重とされる白い毛並の狼。
 数多ものヒトが彼を捕えようとしてきたがすべて失敗に終わる。
 ヒトが嫌い。
 バルトたちにちょっかいを出して楽しんでいる。
 相当強く、相当性格が悪い。

-------------------------------------―――――――――――――――
■相関図■


soukanzu.jpg


スポンサーサイト